最終更新日:2019年02月28日
フェレット

フェレットには様々なカラーバリエーションがあります。どの毛色もとても可愛いですよね。フェレットの毛はアンダーコートと呼ばれる少し短めの柔らかい毛と、オーバーコート(トップコート)と呼ばれる固めの長い毛とで構成されていて、カラーによって2種類の毛と目の色が主に違ってくるのです。
この記事ではフェレットのカラーバリエーションを紹介しています!あなたのお気に入りのカラーをぜひ見つけてください!

フェレットのカラーバリエーション

セーブル

セーブルは一番ポピュラーで日本で最も多く販売されているフェレットです。フェレットといえばこのセーブルを思い浮かべる人も多いでしょう。多くあるカラーの中でもセーブルはフェレットの始まりと言われているケナガイタチの野生の色に近い種類です。販売も多いため価格は他のカラーより比較的安価です。

オーバーコートは濃い茶色や黒色で全体的に黒っぽいカラーです。白い顔に黒い隈取(くまどり)がありタヌキのような顔立ちです。鼻はピンクの個体から黒や茶色の個体まで様々です。

オーバーコート濃い茶色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色 茶色、ピンク

ライトセーブル(セーブルポイント)

ライトセーブルはセーブルよりも黒が薄く明るいカラーです。特に顔が白っぽいくまどりの薄い個体が多いです。背中側と比べて手足やお腹、お尻付近は黒い色をしています。オーバーコートはセーブルよりも白が多く、薄い茶色から濃い茶色で、鼻もピンクの個体が多いです。

オーバーコート濃い茶色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色 茶色、ピンク

ブラックセーブル

ブラックセーブルはセーブルの中でも黒が濃い個体を呼びます。全体的に艶がかった綺麗な黒色をしていて、顔も比較的黒いです。そのためくまどりはあまり目立ちません。瞳や鼻の色も黒が濃い目の子が多いです。

オーバーコート濃い茶色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色 茶色、

セーブルミット

セーブルミットはセーブルの中で足が白い個体を呼びます。白い手袋(ミット)をつけているように見えるのが特徴で、全体的に少しだけ薄い個体もいます。

オーバーコート濃い茶色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色茶色、ピンク

アルビノ

アルビノは先天性の色素欠乏症で生まれたフェレットのカラーです。色素が薄いため毛はすべて真っ白で目の色も赤い色をしています。フェレットの中では数の多いカラーのため他のカラーよりも価格は安めです。

オーバーコート白色
アンダーコート白色
目の色赤色
鼻の色ピンク

バタースコッチ(チョコレート)

バタースコッチはチョコレートとも呼ばれる色で、セーブルよりも黄色がかった淡い色をしています。オーバーコートはチョコレートのような茶色をしています。鼻はピンク色の個体が多く、瞳は茶色からぶどう色のものがいます。

オーバーコート薄い茶色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色茶色、ピンク

スターリングバター

スターリングバターはバタースコッチの中でも毛が白っぽい個体を呼びます。特に肩から背中にかけて白い毛が多い事が多いです。

オーバーコート薄い茶色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色茶色、ピンク

スターリングバターミット

スターリングバターミットはスターリングバターの中でも白い足で手袋をつけているような個体を呼びます。

オーバーコート薄い茶色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色茶色、ピンク

ライトバタースコッチ

ライトバタースコッチは明るいカラーのバタースコッチを呼びます。だいたいはバタースコッチやスターリングバターのようですが、全体的に少し薄い色をしています。

オーバーコート薄い茶色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色ピンク

シナモン

シナモンはバタースコッチよりも明るく薄い色合いをしています。全体的に赤みがかった薄茶色(シナモン色)をしているのが特徴です。オーバーコートの独特の光沢による輝きによりピンクゴールドと呼ばれる個体もいます。鼻はピンクが多く、瞳の色も黒や茶色などよりブドウ色が多いです。

オーバーコート赤みのある薄茶色(シナモン)
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色ピンク

シナモンミット

シナモンミットはシナモンの手足が白いカラーの場合に呼びます。体全体の色が薄めなので白との境ははっきりしていないことが多いです。ほぼシナモンと変わらない見た目であると言えるでしょう。

オーバーコート赤みのある薄茶色(シナモン)
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色ピンク

シナモンポイント

シナモンポイントは色が薄く明るめのシナモンカラーの個体を呼びます。

オーバーコート赤みのある薄茶色(シナモン)
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色ピンク

シャンパン

シャンパンはバタースコッチやシナモンよりもさらに薄い色をしていてシャンパンのような小麦色のオーバーコートをしています。くまどりの色も小麦色なのであまり目立ちません。鼻はピンク、目はぶどう色が多いです。

オーバーコート小麦色(シャンパン)
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色ピンク

シルバー

フェレット シルバー

出典tedori.jp

シルバーはオーバーコートが黒、白、グレーの混ざった色をしていて、黒い毛の量によって部分的に黒かったり白かったり銀色のように見えたりします。シルバーは年齢とともに白くなっていく個体が多いカラーです。

オーバーコート灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

シルバーミット

全体的には銀、グレーのような色をしていて、手足が白い手袋をつけているように見えることから「ミット」と名付けられています。フェレットのミットといえば主にこのシルバーミットを指します。

オーバーコート灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

スターリングシルバー

スターリングシルバーはシルバー、シルバーミットよりも全体的に薄く白い色をしています。だいたいの毛が白い色で毛先のみ黒やグレーなのが特徴です。

オーバーコート灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

ダークシルバーミット

ダークシルバーミットは黒く、濃い色にしたシルバーミットです。全体的に黒っぽいですが手足の白い部分(ミット)とは差がはっきりしています。

オーバーコート灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色茶色、

ブレイズ

ブレイズは顔の中心から頭の後ろに1本の白いラインが入っているのが特徴です。ラインの太さや濃さは個体によって様々で、全体の色自体はシルバー系です。

オーバーコート白色、灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

ブレイズミット

ブレイズミットは頭のラインと足のミットの両方を持った個体です。

オーバーコート白色、灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

パンダ

パンダはその名の通り白と黒のパンダのような柄が特徴のフェレットカラーです。パンダらしく目の周りや足が黒くなっている個体が多いですが、模様は個体差があり、パンダというよりは牛のような外見の個体もいます。シルバーなどと比べて黒と白の境がはっきりして模様が出ているため人気が多いです。

オーバーコート白色、灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

パンダミット

パンダミットはパンダ柄で白い足のミットを持った個体を呼びます。パンダは手足が黒い個体が多いためパンダよりはパンダらしさが減っています。

オーバーコート白色、灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

パンダブレイズ

パンダブレイズは白黒のパンダ柄でブレイズ(頭にライン)の個体です。模様の出方によってはそのままブレイズという名前で販売されることも多いです。

オーバーコート白色、灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

パール(プラチナ)

パールは全体が白色(パール)をした個体です。白の濃さによってプラチナとも呼ばれます。あまり多くない色で販売されていることは多くありません。

オーバーコート白色〜クリーム色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

マークドホワイト

マークドホワイトは体全体がほぼ白いカラーで背中から尻尾にかけて黒いラインが入っているのが特徴です。年齢とともにラインの色の濃さが変化します。鼻はピンクで目の色は黒〜ブドウ色です。

オーバーコート白色
アンダーコート白色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

ホワイトファーブラックアイ

ホワイトファーブラックアイは名前の通り真っ白い毛(ホワイトファー)で黒い目(ブラックアイ)のフェレットです。オーバーコートの90%以上が白色の場合「ホワイトファーブラックアイ」となります。アルビノの目を真っ黒にしたカラーです。最も少ないカラーで珍しく販売価格も高い種類です。

オーバーコート白色
アンダーコート白色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色ピンク

ブラックセルフ

ブラックセルフはファーファームアンゴラのセーブルカラーのことを呼びます。ロングコート(毛の長い)のセーブルです。毛の色は黒色と白色の混合色です。毛の長さも個体差があります。

オーバーコート白色、灰色〜黒色
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色濃い茶色〜黒色
鼻の色茶色、ピンク

ロイヤルパステル

ブラックセルフはファーファームアンゴラのシャンパンカラーのことを呼びます。ロングコート(毛の長い)のシャンパンです。オーバーコートは小麦色(シャンパン)です。

オーバーコート小麦色(シャンパン)
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色ピンク

ロイヤルオレンジ

ブラックセルフはファーファームアンゴラのシナモンカラーのことを呼びます。ロングコート(毛の長い)のシナモンです。オーバーコートは赤みのある薄茶色(シナモン)です。

オーバーコート赤みのある薄茶色(シナモン)
アンダーコート白色〜クリーム色
目の色茶色〜ブドウ色
鼻の色ピンク

毛の長さの違い

ショートコート

ショートコートは一般的な長さのことを指しています。通常見るフェレットはだいたいショートコートです。

ロングコート

ショートコートに対してロングコートは毛の長いフェレットです。個体によって毛の長さに差があり、普通のフェレットよりも毛が少し長いものからモコモコした子までいます。ロングの個体は価格も高い傾向があります。

色の分類と特徴による呼び方について

大きい分類

この記事ではフェレットの色について細かく分類していますが、ペットショップではおおまかな大きい分類で販売されることも多いです。例えばスターリングシルバーはシルバーとして、パンダミットはパンダとして扱われます。色や柄の判別があいまいなことも多いため正確に色の名前を決められない場合も多いです。

セーブル、シルバー、バタースコッチ、シナモン、アルビノなどが大まかに分類されるカラーです。そこにさらに特徴をもとに名前を足します。

スターリング

毛色が白っぽい場合にスターリングが名前に付けられることがあります。例:スターリングシルバー、スターリングバター。肩から背中にかけて白が多い個体が多いです。

ミット

ミットとは手袋のことで全体の色と違い足の色が白い場合など、白い手袋を履いているように見える場合にミットと名前が付きます。例:シルバーミット、ブレイズミット、パンダミット

ライトとダーク

ライトは通常よりも明るい場合、ダークは暗い色の場合に名前につけられます。例:ライトセーブル、ライトバタースコッチ、ダークシルバーミットなど。ライトセーブルなどはセーブルポイントと呼ぶこともあります。

ホワイトとブラック

ライトとダークと似ていますがホワイトは真っ白な場合、ブラックは真っ黒の場合につきます。例:ホワイトファー、ブラックアイ、ブラックセーブル。

部位ごとの色と特徴

アンダーコートとオーバーコート

アンダーコートは短くて柔らかい毛でオーバーコートの下に生えています。多くのフェレットが白やクリーム色で、その上に生えているオーバーコートでイメージが変わってきます。シルバー系などはオーバーコートが白と黒が混じっていて黒い毛の量によってグレーの濃さが変わってきます。

目(瞳)

目の中のメラニン色素の量によって色が違います。アルビノの赤がもっとも薄く、次にブドウ色やルビー色などが薄い色です。対して茶色や黒色の目はメラニン色素が多いのです。

フェレットの鼻は毛が黒系の個体は茶色や黒が多く、毛の色が白などの個体はピンク色の鼻が多いです。ピンク色に部分的に黒が入っている場合などもあります。

隈取(くまどり)

目の周りに隈取があるフェレットもいます。たぬきのような感じでセーブルなどは濃くてはっきりしていることが多いです。

成長すると色が変わっていく?

フェレットは成長とともに毛色が変わることが多く、ベビー時と姿が大きく変化し別のフェレットのように見えることも。

ベースが黒い種類

セーブルなど色が黒い種類は少し薄くなることはありますがまったく別な雰囲気になることはあまりありません。

ベースが白い種類

シルバー系やブレイズ、パンダなどは年齢とともに黒い毛が減っていき真っ白に近づいてきます。固定によって黒やグレーの残り具合が変わりますが、ブレイズやパンダなどの黒い柄はほぼわからなくなってしまうことも多いです。

毛色と値段の関係

珍しい色ほど金額も高い

ホワイトファーブラックアイやロングファーのアンゴラなどあまり入荷されない珍しいカラーは金額も高くなります。取扱もなかなかないので入荷時にはすぐ飼われてしまうことも多いです。

ファームによっても変わる

フェレットの生体価格については色だけではなく、産まれたファームも大きく関わってきます。主にパスバレーは低価格な個体が他のファームよりも多いです。ファームにこだわりがなく欲しいカラーがある場合にはパスバレーを選ぶと価格を抑えることができるでしょう。

カラーごとの目安

比較的セーブル系、シルバー系、アルビノが安く、その次にバタースコッチ、シナモン、シャンパンが比較的安めになっています。

フェレットの価格について詳しい情報は下記の記事を御覧ください。

フェレットのカラーバリエーションまとめ

フェレットの毛色は多くあります、珍しさで生体の金額も変わってきます。あなたはお気に入りのカラーを見つけることはできましたか?
以上フェレットのカラーバリエーションでした!

この記事が気に入ったらシェアお願いします!